世界初のコロナ治療薬、メルク社のモヌルピラビルが話題になっています。【イベルメクチン】

みなさん、こんにちは!




ここ最近、コロナ治療薬としてメルク社がモルヌピラビルを開発していると報道が増えてきています。


メルク社は同じくコロナに有効性が確認されている、イベルメクチンの開発元です。















以前ブログでもご紹介しましたが、いろんな見方があるかと思います。



上記のヤフーニュースのコメント欄を見ていただければ、その真意がなんとなく見えてきます。






最も多い意見としては、



メルク社は安いイベルメクチンを売るより、



新たに作った高い新薬を売る為に開発された



モルヌピラビル



と非難の意見が多かったように思います。






↓↓実際、メルク社が開発したイベルメクチンの新薬のストロメクトールは





売り切れ状態が続いていますが、



一錠1260円と高額です。






おそらくモルヌピラビルもそれくらいの額、もしくはそれ以上の額になると言われています。









イベルメクチンでもジェネリック薬であれば、



一錠150円~と約10分の1の値段で購入が可能です。









メルク社的にはイベルメクチンがコロナ治療で認可されてしまうと、



安いジェネリック薬ばかりが売れてしまうので、



自社の商品にも関わらず、頑なにそのコロナへの有効性を否認していた



という声が多いようです。









その真相はわかりませんが、



人命を最優先にして判断していければ良いと思います。






現状はイベルメクチンのジェネリック薬を個人輸入で購入するのが負担もなく、安心できるかと思います。








【イベルヒール(イベルメクチン)の通販購入はこちらから💡】















人気売れ筋商品


















































この記事へのコメント